体脂肪はなぜ増える?

栄養基礎知識
てんぱぱぱ
てんぱぱぱ

こんにちは。管理栄養士のてんぱぱぱです。

今回は「体脂肪はなぜ増えるのか?」について簡単に確認をしていきたいと思います。

 

こちらの内容は図解 眠れなくなるほど面白い体脂肪の話」という本の情報を元に作成しています。

それではいきましょう!

体脂肪が増えるのは食べる量と消費量の問題

タイトルで答えが出てしまいましたね。

 

そーなんです。

体脂肪を増やすも減らすも摂取エネルギー量(食べる量)と消費エネルギー量収支がすべてです。

 

体脂肪が増えてしまうのは食べ過ぎが原因に他ならないですが、では全く食べなくてもいいのか、といったらそうではありません。

 

私たちは生きていくために必要なエネルギーはしっかり食べ物から摂らなければいけません。

では、生きていくために必要なエネルギーとはどのようなものなのでしょうか?

 

私たちがエネルギーを消費する活動は代謝という言葉で表され、これは基礎代謝、生活活動代謝、食事誘導性代謝の3つに大別されます。

  • 基礎代謝:心臓を動かしたり呼吸をしたりといった基礎的な活動で消費するエネルギー
  • 生活活動代謝:生活や運動など自ら動く活動によって消費されるエネルギー
  • 食事誘導性代謝:食べたものを消化・吸収するために消費するエネルギー
 

1日の消費エネルギーの内訳は、

基礎代謝60%、生活活動代謝30%、食事誘導性代謝10%

であり、消費エネルギーの大半は基礎代謝が占めています。

 

3つの代謝のうち自分の行動で自由に変えられるのは生活活動代謝だけですが、その消費エネルギーは全体の30%程度です。

 

ここからも太りにくくてやせやすい体をつくるのに、いかに基礎代謝が重要なのかがわかると思います。

それでは、次に基礎代謝について考えていきましょう。

やせる鍵は基礎代謝

人間の消費エネルギーの大半を占めるのは基礎代謝です。

つまり基礎代謝は食べたものが体脂肪になるかどうかを左右する重要な要素といえます。

 

基礎代謝は先ほども説明した通り、意識しなくても消費され続けるエネルギーで、年齢によって変化し、成長とともにどんどん増えていき、10代後半をピークにあとは落ちていきます。

 

【年齢ごとの基礎代謝】

<男性>

年齢基礎代謝(体重1kgあたり)基礎代謝(基準体重の参考値)
1~2歳61700
3~5歳54.8900
6~7歳44.3980
8~9歳40.81140
10~11歳37.41330
12~14歳311520
15~17才271610
18~29歳241520
30~49歳22.31530
50~69歳21.51400
70歳以上21.51290

<女性>

年齢基礎代謝(体重1kgあたり)基礎代謝(基準体重の参考値)
1~2歳59.7660
3~5歳52.2840
6~7歳41.9920
8~9歳38.31050
10~11歳34.81260
12~14歳29.61410
15~17才25.31310
18~29歳22.11110
30~49歳21.71150
50~69歳20.71100
70歳以上20.71020

上の表は各年齢の基準体重での基礎代謝となります。

 

例えば男性で17歳の人は1日の基礎代謝が1610kcalとなり、何もしなくても毎日これだけのエネルギーを消費します。

 

そして基礎代謝は体格によっても変わります。

体が大きいほど基礎代謝は増えるのです。

 

大きな体を動かすにはそれだけたくさんのエネルギーが必要になるという事です。

 

そして、このエネルギー消費量は筋肉と脂肪とで異なります。

筋肉は脂肪の約3倍もエネルギーを消費するのです。

 

筋肉の基礎代謝量:1㎏につき1日あたり13kcal
脂肪の基礎代謝量:1㎏につき1日あたり4.5kcal

 

つまり、筋肉をつけることで効率よく基礎代謝が増え、何もしなくても消費するエネルギーを増やすことが出来るのです。

「体脂肪を減らすためには運動を」とよく言いますが、それは運動によって直接消費するエネルギーだけでなく、筋肉を増やすことによる基礎代謝増加効果という意味もあるのです。

 

今回の内容に興味があった方は、こちらの本を是非購入して読んでみて下さいね。
簡潔な文章と図で体脂肪について非常にわかりやすくまとめられている本で、2時間で体脂肪を極めることが出来ます。
とってもおすすめです。

てんぱぱぱ
てんぱぱぱ

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント