塩素(Cl)とは 初心者でもわかる簡単要点まとめ

栄養基礎知識
てんぱぱぱ
てんぱぱぱ

こんにちは。男管理栄養士のてんぱぱぱです。

今回は塩素についてポイントをまとめていきたいと思います。

 

こちらの内容は「日本ニュートリション教会 サプリメントアドバイザー資料」等から要点をまとめています。

塩素(Cl)とは

塩素とは必須ミネラルのひとつで、原子番号17、元素記号Clのハロゲン元素です。

塩素は成人の生体内に150gほど存在しています。

塩化ナトリウム、塩化カリウムとして細胞の内外に含まれています。

また塩酸として胃液にも含まれます。

働き

塩素は、体液の浸透圧維持に重要な役割を果たす他、胃酸の成分として胃の中を殺菌し、消化を促進します。

主な働き

  1. 食べ物を消化する。
  2. 胃の中のPHを調節する。
  3. 胃の中を殺菌する。
  4. すい液の分泌を促進し、消化を促す。
  5. 血液のPHバランスや浸透圧を保つ.
  6. 肝臓を助け、体内の老廃物の除去を助ける

こんな人におすすめ

  1. 下痢気味の人
  2. スポーツや肉体労働などで汗をたくさんかく人

欠乏症

塩素は主に食塩(塩化ナトリウム)として摂取されます。

通常の食事を摂取していれば欠乏の心配はありません。

塩素が不足すると、胃液の酸性度が低下して食欲不振や消化不良を起こします。

過剰症

食塩の過剰摂取は高血圧などの要因になることが言われていますが、その要因はナトリウムです。

塩素を多く摂取しても汗や尿として排泄されるので、過剰摂取による副作用は心配ありません。

多く含む食品

塩素は食塩や食塩を含む加工食品などに多く含まれます。

主な食品

食塩、梅干、コンソメ、漬物、麺類、ワカメ

まとめ

今回は塩素についてまとめました。

要点をまとめると次の通りです。

  1. 必須ミネラルのひとつで、原子番号17、元素記号Clのハロゲン元素
  2. ①食べ物の消化、②胃の中のPHの調節、③胃の中の殺菌、④すい液の分泌促進、⑤血液のPHや浸透圧を保つ、⑥体内の老廃物の除去などの働きがある。
  3. 欠乏症では、胃液の酸性度が低下して食欲不振や消化不良を起こすことがあるが、通常の食事を摂取していれば欠乏の心配はない。
  4. 過剰症の心配はない。
  5. 食塩や食塩を含む加工食品などに多く含まれる。
てんぱぱぱ
てんぱぱぱ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

コメント

  1. […] ●塩素 […]