日常の出来事~うぶ毛~

日常の出来事

こんにちは。管理栄養士のてんぱぱぱです。

 

今回は小学校3年生の娘ももとお風呂に入っていた時の話。

 

ももは私のすねをみて、

「パパはすねの毛を無くさないの?」

と聞いてきた。

 

私は「パパは男だしなくさないかなー。」というと娘は「そっか―・・・」と言った。

 

そして少し間をあけてももが続けた。

 

「私はここの毛が気になるんだよね」

鼻の下を指さして言った。

 

私から見ると全然気にならない、あるかないかわからないようなうぶ毛なのだが、それでも当人は気にしているようだ。

 

(娘もこうして女の子から大人にすこしずつ変わっていくんだな)と思った。

 

娘が続ける。

「だからこの前ママがカミソリでそってくれたんだよ!だけどすみれ(長女)が来そうになったからとちゅうでやめたんだ。みられたらヤダからね」

 

よく見ると私からみて右側だけうっすらとだがうぶ毛が残っている。

 

「いつ剃ったの?」

もも「2日前かな。」

 

・・・2日間片側のうぶ毛だけ残した状態で生活していたようだ。

 

「パパが剃ってあげるよ!」

もも「うーん・・・でも今はあんまり気にならないからいいや」

 

ももはいまだに片面のうぶ毛を残しながら楽しそうに過ごしている。

 

(追記)

後日残りの産毛もママに剃ってもらったそうです。

コメント