病院管理栄養士の仕事ってどんな感じ?説明します(栄養管理編)

病院栄養士の仕事
てんぱぱぱ
てんぱぱぱ

こんにちは。管理栄養士のてんぱぱぱです。

 

今回は前回に引き続き、

病院の管理栄養士ってどんな仕事をしてるの?

といった疑問にお答えしていきたいと思います。

 

これから病院管理栄養士を目指したいと考えている方は是非読んでみて下さい。

それでは第2弾栄養管理編スタートです!(^^)!

病院管理栄養士の仕事とは(栄養管理編)

病院管理栄養士の仕事ってどんな感じ?説明します(食事提供編)でもお話しましたが、病院管理栄養士の仕事には、大きな2本の柱があります。

食事提供栄養管理です。

この2つの業務のうち今回は栄養管理について説明していきます。

栄養管理業務とは

栄養管理業務とは、字の通り入院患者さんの栄養の管理を行う業務です。

少し前までは、栄養管理業務を行うことについて診療報酬がついていました。

しかし現在は、栄養管理はいわゆる「まるめ」になっており、診療報酬はついていません。

時代の流れの中で、入院患者さんの栄養管理は行うのが当たり前になったという風に私は解釈しています。

それでは、栄養管理の流れを具体的に説明していきます。

入院診療計画書の作成

まず患者さんが入院したら、入院診療計画書というものを多職種で共同して作成します。

これは、入院についての計画を記したものであり次のように定義されています。

(1)医師、看護師等の共同により策定された入院診療計画であること。
(2)病名、症状、推定される入院期間、予定される検査及び手術の内容並びにその日程、その他入院に関し必要な事項が記載された総合的な入院診療計画であること。

この入院診療計画書の内容に、

「特別な栄養管理の有無」

という項目があり、

この患者さんは栄養管理が重要だからしっかり介入していく必要があるね。

という人は「有」にチェックをつけます。

 

私は、管理栄養士は入院患者すべての栄養管理を行うのが前提だと考えていますが、指示があった方には、それに基づいた栄養管理計画書などの作成が必要になってきます。

私の病院では、検査入院などの短期入院の方を除いたすべての患者さんについて「栄養管理の必要性あり」と指示があります。

栄養管理計画書の作成

入院診療計画書の指示を受けて、管理栄養士は多職種と共同して栄養管計画を作成します。

 

栄養管理計画書とは、患者さんの栄養管理を行う上で必要な情報をまとめたもので、日本栄養士会では栄養管理計画書作成の流れを次のように説明しています。

●医師、看護師、その他の医療従事者(管理栄養士を含む:以下多職種とする)が共同して栄養管理手順を作成する。

 ↓
●入院時に多職種が共同し確認後、「栄養管理の有無について」を入院診療計画書に記載する。(救急や休日入院患者など入院日に記載できない場合、入院後7日以内に記載する)

 ↓
●特別な栄養管理が必要とされた患者について栄養管理計画書を作成する。(栄養管理計画書には栄養補給に関する事、栄養管理上の課題、評価間隔等を記載する)

 ↓
●当該患者について、栄養管理計画書に基づいた栄養管理を行い記録する。

 ↓
● 栄養状態は定期的に再評価し、必要に応じて計画書の見直しを行う。

次に栄養管理計画書の内容についてです。

栄養管理計画書は次のような内容となっています。

◎氏名、年齢などの基礎情報

◎入院時栄養状態に関するリスク 

(病名を入れるのではなく、スクリーニングの結果を具体的に記す)

◎栄養状態の評価と課題

(栄養状態を評価するだけではなく、課題まで明記することが重要)

◎栄養管理計画

 Ⅰ、目標

 Ⅱ、栄養補給に関する事項

   ・栄養補給量 

   ・栄養補給方法(経口、経腸栄養、静脈栄養)

   ・嚥下調整食の必要性(ありの場合は学会分類コード)

   ・食事内容

 Ⅲ、栄養食事相談に関する事項

   ・入院時栄養食事指導の必要性

   ・栄養食事相談の必要性

   ・退院時の指導の必要性

 Ⅳ、その他栄養管理上解決すべき課題に関する事項

 Ⅴ、栄養状態再評価の時期

 Ⅵ、退院時及び終了時の総合的評価

   ・留意事項

栄養管理の実施

栄養管理計画書を作成したら、それに基づいた栄養管理を行っていきます。

具体的な内容について説明していきましょう。

 

1、患者さんの状況を確認する。(モニタリング) 

栄養管理計画書を作成したら、次に行うのは患者さんの状況確認(モニタリング)です。

重要な観察点は

「設定した栄養がとれているか。」

です。

 

口から食事をしている人は全て食べられているかということになりますし、経腸栄養の方では、下痢してないか(栄養を吸収できているか)などの観察となります。

 

目標に沿った食事内容で提供しても、それを患者さんが全て食べられなければ、必要栄養量はとれません。

 

患者さんの食事摂取量はカルテでも把握が出来ますが、実際に食事をしている様子を見に行くことが非常に重要です

食べられていない原因を知り、食べられるように食事の調整を行うためには、患者さんの様子を見て、話を聞くことが必要不可欠です。

 

具体的には、「食事量の増減」、「(嗜好に合わせた)付加食の追加」、「食事形態の変更」、「主食の変更(パンや麺)」などを行っていきます。

 

2.栄養教育の実施

患者さんのモニタリングを行うのと同時に、栄養教育を行っていきます。

てんぱぱぱ
てんぱぱぱ

イメージしやすいのは栄養指導ですね。

 

栄養指導は入院中2回実施出来ます。

初回栄養指導は30分以上行う必要があり、260点の診療報酬がつきます。
2回目の栄養指導は20分以上で200点です。

 

入院中に行う場合は、

入院時に「初回栄養指導」、退院時に「2回目栄養指導」、その間に必要に応じて随時行っていくのは、「栄養相談(診療報酬算定なし)」という考え方になります。

 

栄養指導は、「食事療法の知識を勉強する」というイメージがありますが、実際には、「退院後にどのように実践していくか。」を一緒に考えていく。ということがとても重要です。

 

その為には、患者さんの生活や経済状況、性格などを知ることが必要であり、この情報を得るためには信頼関係を築かなければいけません。

なので管理栄養士は病棟に出て、患者さんの元にいかなければいけないのです!

 

3.効果の評価と計画の見直し

モニタリングの結果を踏まえて、栄養管理計画書で設定した目標に対する評価を行い、計画の見直しをします。

この計画の見直しを行う期間は、アセスメントした栄養状態によって異なります。

てんぱぱぱ
てんぱぱぱ

低栄養状態であるほど、こまめな評価と計画の見直しが必要です。

 

まずは「設定した栄養が適正だったか。」について評価していきましょう。

体重を例に説明していきます。

 

目標を「体重増加」として必要栄養量を計算していたのに、

食事を全部食べてるけど痩せてきちゃったよ。

という場合があります。

これは、設定した必要栄養量では栄養が不十分ということになるため、栄養量の見直しが必要です。

人間の体は十人十色で、必要栄養量は同じ身長・体重・年齢・性別の人であっても違います。

そのため、実際に栄養を摂った時の経過をみて調整する必要があるのです。

栄養以外にも、全身状態が目標に設定した方向にうまくすすんでいるかを総合的に判断します。

 

評価を行ったら、その評価内容を踏まえて新たな目標を設定するなど計画の見直しを行います。

栄養管理業務は、このプロセスを患者さんが入院してから退院するまで繰り返し行うのです。

まとめ

今回は管理栄養士業務の柱の一つ、栄養管理業務についてまとめてみました。

ここでは、細かい内容はお話できていませんが、全体的な業務の内容や流れなどが少しでもイメージできたらと思います。

 

私が目指す管理栄養士は、

「今日なんかいつもと違うな。」

と患者さんをみて小さな変化に気づくことが出来る栄養士です。

 

小さな変化に気づくには、もちろん普段の患者さんを知っていなければいけません。

その為には患者さんの元に少しでも多く訪問することが必要であり、それは患者さんとの信頼関係につながると信じています。

 

患者さんが、

この病院に入院してよかった。

と感じてもらえるような栄養管理と食事提供ができるよう精進致します。

 

てんぱぱぱ
てんぱぱぱ

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

コメント

  1. […] 読んでみて下さい。病院管理栄養士の仕事ってどんな感じ?説明します(栄養管理編) […]

  2. […] で記事にしています。興味のある方は読んでみて下さいね↓・病院管理栄養士の仕事ってどんな感じ?説明します(栄養管理編)・病院管理栄養士の仕事ってどんな感じ?説明します(食 […]