イオウ(S)とは 初心者でもわかる簡単要点まとめ

栄養基礎知識
てんぱぱぱ
てんぱぱぱ

こんにちは。男管理栄養士のてんぱぱぱです。

今回はイオウについてポイントをまとめていきたいと思います。

 

こちらの内容は「日本ニュートリション教会 サプリメントアドバイザー資料」等から要点をまとめています。

イオウ(S)とは

イオウとは必須ミネラルのひとつで、原子番号16、元素記号の酸素族元素です。

イオウはたんぱく質の成分であるシステイン(シスチン)という含硫アミノ酸の構成成分です。

含流アミノ酸とはイオウを含んだアミノ酸の総称で、すべての細胞内に存在し、体の組成を構築しています。

働き

  1. アミノ酸の構成成分として体の組織をつくる
  2. 健康な髪や爪、皮膚をつくる
  3. 補酵素として糖質や脂質の代謝に働く
  4. 細菌感染に対する抵抗力をつける
  5. 有害ミネラルの蓄積を防ぐ
  6. 肝臓の胆汁の分泌を促進する。

こんな人におすすめ

  1. 抜け毛が多い方
  2. 髪のパサつきが気になる方
  3. 肌荒れやしみが気になる方
  4. 爪がもろい方

欠乏症

イオウの欠乏症は特に知られていません。

必須ミネラルのひとつですが、食事摂取基準も定められていません。

不足によって現れる可能性がある症状は次の通りです。

主な症状

  1. 肌荒れ、皮膚炎、しみ
  2. 爪がもろくなる
  3. 抜け毛
  4. 有害ミネラルの排出低下に伴う肝臓への負担

過剰症

食品で摂取している限りは問題になることはありません。

多く含む食品

イオウはたんぱく質、特に動物性たんぱく質に多く含まれています。

主な食品

カツオ、イワシ、牛肉、鶏卵、牛乳

まとめ

今回はイオウについてまとめました。

要点は次の通りです。

  1. 必須ミネラルのひとつで、原子番号15、元素記号Sの酸素族元素。
  2. ①アミノ酸の構成成分として体の組織をつくる、②健康な髪や爪、皮膚をつくる、③補酵素として糖質や脂質の代謝に働く、④細菌感染に対する抵抗力をつける、⑤有害ミネラルの蓄積を防ぐ、⑥肝臓の胆汁の分泌を促進するなどの働きがある。
  3. 欠乏症では、①肌荒れ、皮膚炎、しみ、②爪がもろくなる、③抜け毛、④有害ミネラルの排出低下に伴う肝臓への負担などが起こる可能性がある。
  4. 過剰症は、食品で摂取している限りは問題なし。
  5. 動物性たんぱく質に多く含まれている。
てんぱぱぱ
てんぱぱぱ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. […] ●イオウ […]